芸術価値創造拠点4/横手

エリアブリュワー[地域醸造家]の育成

[概要]
発酵のまち横手が舞台。いま注目されている発酵は、大豆や米などが菌と触れ合い、酒や味噌などへと変容する現象です。醸造家は元となる食品や菌、温度や湿度、場所などを組み合わせながら、元とは異なるものを作り上げます。そこに着想を得て、地域の様々な資源、因子などを発見し、掛け合わせて新たなものへと変容させる人材を「エリアブリュワー:地域醸造家」と名付けることにしました。講座を通じて「地域醸造家」とは何かと仮説立て、新たな地域づくりの考え方を提唱していきます。
[担当]
[担当教員]田村剛
[地域アドバイザー・企画運営]永沢碧衣(絵画作家)
[企画運営]阿部円香(Hostel & Bar CAMOSIBA主宰)
[講師]平元美沙緒(まちづくりファシリテーター)
[日程]
Ⅰ 9/23(土・祝) 「地域醸造家とは何か」
Ⅱ 10/8(日) 「地域の因子を採取する」
Ⅲ 10/29(日) 「地域の因子の潜在力を見出し、掛け合わせ、変容させる」
Ⅳ 11/12 (日) 「変容を実現する」
Ⅴ 11/19(日)~12/10(日) 「”醸”を展示する(仮)」
[応募要項]
募集受講生:20名
受講条件:全5回の講座を受講する見通しのある方
研修生募集中
アーカイブ2015
アーカイブ2016