男鹿 神々と生きる島を探る

『海から来るもの・迎える者』信仰と伝説~生活と民俗を探る

[形式]
フィールドワーク
[日程]
7月22日(土) 〈昼の部〉9:30~16:00/〈夜の部〉18:00~20:00
7月23日(日)  9:15:~16:00
[場所]
(1日目) 鵜ノ崎海岸~能登山の椿~五社堂など
(2日目) 加茂青砂~目潟群(火山湖)~八望台など
[概要]
昨年度に引続き、主に男鹿半島の南磯〜北西部の海岸エリアの地形と、古くから地域に暮らす人々に伝わる信仰や伝説、生活や民俗を探る為、FWを行います。(荒天のため、一部スケジュールの短縮と変更をしました)

 

[講師]
夏井興一(男鹿の自然と文化の会 会長)
永井登志樹(菅江真澄研究会 理事)
土井敏秀(加茂青砂地域在住)
松橋和久(パソコン教室 ら・く・か 代表)
[レポート]
〔7月22日〕
赤神神社 五社堂(長楽寺)周辺〜 不動滝・白糸の滝・舞台島~里山のカフェににぎ
 
第1日目の午前は、集合場所の鵜ノ崎海岸から昼食会場の赤神神社 拝殿へと直行し、講師の夏井興一先生(男鹿の自然と文化の会会長)と永井登志樹先生(菅江真澄研究会理事)の屋内講義にて午前中のFW予定地について解説いただきました。講義の場として会場提供して下さった赤神神社の元山(もとやま)宮司様のご好意で市の指定文化財『漢の武帝に桃を捧げる図』等の貴重な文化財を拝見させていただきました。

午後からは、門前地区では鬼が積んだといわれる999段の石段で知られる『赤神神社 五社堂』(国指定重要文化財)まで登りました。その後は西海岸エリアにて“漢の武帝”が降り立ったという伝説が残る『舞台島』を展望した後、断崖を絹糸のように流れる絶景の『白糸の滝』を見学。雨天のため、講義のみとなりましたが、男鹿半島には南磯・北磯エリアに椿の群落地が2ヶ所あります。それは一体何を意味するのでしょうか?男鹿半島のヤブツバキの花の色、赤神神社、ナマハゲのお面など、不思議と『赤』という色の共通点に気付かされます。もしかしたら現存する言い伝え以外にも何か特別な理由があるのかもしれません。

 

(7月23日)
加茂青砂(津波・カンカネ洞・盆踊り)〜 戸賀湾〜八望台(目潟散策)
 
第2日目は、現地に向う途中から天候が回復に向いました。午前中は、岸壁に囲まれ、かつては主な交通手段が舟であったといわれる 西海岸の加茂青砂地区へ。この地域に暮らす土井敏秀さんの案内で、現在は廃校となっている国の登録有形文化財『旧男鹿市立加茂青砂小学校屋内体操場』を訪問しました。ここでは、区長さんをはじめ地元の方達数名が迎えて下さり、地元にまつわるお話を伺いました。その中には、信仰についてのお話がありました。漁師さんたちは、毎年1月10日に船で海に出て海の神様を迎える行事を行い、翌日11日には漁師の家では神様のお姿(漁師さんによると龍神様だと思われる)を描いた掛け軸を掛け、お祀りするそうです。
先代まで続いていた“海女”の文化や、大きな秋田杉をまるごと一本くりぬいて作られた「丸木舟」での漁、高台に櫓を建ててボラを捕獲した漁法などについての説明もありました。加茂青砂では、1983年5月26日に起きた“日本海中部地震”の悲しい過去の出来事についてもお話を伺いました。この地震では、当時遠足で訪れていた北秋田郡合川町(現北秋田市)立合川南小学校の児童43人と引率教諭たちが津波に襲われ、その内児童13人が亡くなりました。救出にあたった地元の方達の鮮明な記憶と証言は大変貴重なもので、震災の恐ろしさを改めて認識させられました。

加茂青砂での講義の後半は、漁師達の生活や地元に伝わる男鹿半島独自の盆踊り「だだだこ踊り」について学びました。地元の婦人会の方達が踊りを披露し、受講生達も地元の男性(70代)が叩くリズムに合わせ 輪になって一緒に踊りました。午前中の講義終了後は、加茂青砂地区の海岸や集落の奥にある「カンカネ洞」を散策しました。

午後からは、男鹿半島の景色やディープスポットをよく知る講師の松橋和久先生(パソコン教室ら・く・か代表)の案内で、最後の目的地、“八望台”へ。途中、岸壁から望む多数の“岩脈”を見学しました。古い岩石の割目にマグマが入り込んで板状に固まり、波に浸食されて今の形に成ったものだといわれます。
八望台は、高松宮殿下により命名された事や夕陽スポットなど、八景を望める観光地としても知られています。そこからわずかに望める男鹿市北部の水源地、一ノ目潟は「男鹿目潟火山群一ノ目潟」として国指定文化財として指定されています。この目潟火山群は東北で唯一の“マール”という爆裂火口です。その中でも一ノ目潟は安山岩中にマントル起源の捕獲岩を含んだ噴出物のあった火山として、世界で初めて知られ、世界的に注目を受けたそうです。

2日間のFWでは、地元における土着的文化の他、ジオパークとしても知られる地形と歴史を学びました。昨年度とは異なり、豪雨と晴天という両極端な気候も経験し、とてもダイナミックで自然に寄り添った体験が出来たと思います。今回のテーマ「海から来るもの・迎える者」が、実際にこの地に伝わる伝承だけに留まらず、好奇心を持ってこのFWで得た皆様の想像力の源となってくれたら嬉しいです。


「男鹿」概要ページへ

研修生募集中
アーカイブ2015
アーカイブ2016