芸術価値創造拠点2/男鹿

ショートレジデンスプログラム「神々と生きる島を探る in 男鹿」 準備講座&実践講座

[概要]
平成28年度に開催した「ショートレジデンスプログラム準備講座」をもとに、フィールドワークや滞在体験のプログラム整備を継続。(準備講座)そして年度の後期には、芸術家の川村亘平斎氏(ガムラン奏者/影絵師/イラストレーター)を招聘して、滞在制作を行います。(実践講座)準備と実践、この二つの講座を通して新たな価値を見出すとともに、イマとムカシをつなぐツールとして、その土地の伝承を使った影絵の物語をつくるなど、コレカラの「新たな芸能のカタチ」を考え、発信します。
[担当]
[担当教員]山内貴博、井上豪、荻原千尋、𡈽方大
[地域アドバイザー・企画運営]猿田真(里山のカフェににぎ主宰)
[協力]大谷心(男鹿市地域おこし協力隊)
[日程]
Ⅰ 7/22(土)・23(日)『海から来るもの・迎える者』信仰と伝説~生活と民俗を探る
Ⅱ 10月開講 フィールドワーク
Ⅲ 11月開講 オガるミーティング
Ⅳ 2018年1月 ショートレジデンス(川村恒平斎の影絵滞在制作・公演)
[応募要項]
募集受講生:10名
受講条件:高校生以上、全講座を受講する見込みのある方
研修生募集中
アーカイブ2015
アーカイブ2016