五城目 今と昔を繋ぐアート

〜「小さな問題」から捉える朝市〜

[形式]
フィールドワーク
[日程]
10月22日(日)9:00〜15:00
[会場]
(※決定次第発表します)
[定員]
10名
[概要]
500年続く朝市の出店者は減少を続けており継続をどうするか議論が求められています。そのような“大きな問題”に対して、身近な疑問や違和感など“小さな問題”から考える取り組みを実施します。出店している人や商品、遊びにきている人や、朝市通りにあるお店へインタビューを行いつつ、朝市で見つけた“小さな問題”を集めていきます。
朝市近く在住で五城目の歴史に詳しい秋田大学名誉教授の佐藤稔先生に町の歴史を写真などの資料をもとにお話いただき、記録を残していく意味やこれからの朝市の残し方について考えます。

 

[講師]
UMMM(デザイナー・京都造形芸術大学非常勤講師)
山本太郎(ニッポン画家・秋田公立美術大学准教授)
佐藤稔(秋田大学名誉教授)


「五城目」概要ページへ

研修生募集中
アーカイブ2015
アーカイブ2016