五城目 今と昔を繋ぐアート

〜大人のなべっこ遠足〜

[形式]
フィールドワーク
[日程]
10月14日(土)9:00〜15:00 ※きのこ祭り前日
[会場]
(詳細決まり次第発表)
[定員]
10名
[概要]
町の郷土料理であるだまこ鍋。庭で飼っている鶏、山でとってくるきのこ、畑で育てたごぼうなどの根菜と、在来種の小倉せりと、景色にあるものでできるのが郷土料理です。小学校での伝統行事「なべっこ遠足」は大人にとって忘れられないイベント。「なべっこ遠足」は、少人数のグループに分かれて屋外で料理をつくる、全学年・全児童参加の課外授業のことです。
みのまわりのもので作り上げ、集まって食べることで、人と人、人と食べ物、人と地域を繋げてきた「なべっこ遠足」。景色と食べ物の繋がりや集まって食べることの意味、味による継承について考えます。

 

[講師]
北島弘宇(北宇商店)
石倉敏明(人類学者・秋田公立美術大学准教授)


「五城目」概要ページへ

研修生募集中
アーカイブ2015
アーカイブ2016