五城目 今と昔を繋ぐアート

〜畠山鶴松の落書き〜

[形式]
フィールドワーク
[日程]
9月30日(土)9:00〜15:00
[会場]
ものかたり
秋田県南秋田郡五城目町字上町三九39/018-802-0089)
[定員]
10名
[概要]
昨年度の講座で、小松さんは20世紀おわりに“落書き”を残した畠山鶴松翁について、考古学や工芸研究の視点から発表してくださいました。今年は、畠山鶴松の息子さんのお宅に伺い、実際の資料を拝見させていただくことで、こうした資料に込められた「現在性」(※子孫、未来に残す記録としての面白さ、人物的な魅力など)について、さらに深く学びます。

[講師]
小松和彦(小松クラフトスペース代表)
服部浩之(キュレーター・秋田公立美術大学准教授)
石倉敏明(人類学者・秋田公立美術大学准教授)


「五城目」概要ページへ

研修生募集中
アーカイブ2015
アーカイブ2016